「 投稿者アーカイブ:tiishi 」 一覧

病的分裂

Ⅱ音の病的分裂

2017/12/06   -基本用語

病的分裂とはⅡa〜Ⅱpの間隔が幅の広い分裂となり、吸気でそれが顕著になるものをいう。これにはⅡaが早くなる(大動脈弁が早期に閉鎖)場合とⅡpが遅くなる(右室収縮時間が延長)場合が考えられる。 Ⅱaが早 ...

固定性分裂

Ⅱ音の固定性分裂

2017/12/05   -基本用語

固定性分裂とはⅡ音が呼吸に無関係に常に分裂するもので、典型的には心房中隔欠損(ASD)に特徴的な心音である。 なぜ、呼吸による変化がないかというと、欠損孔によって右心系と左心系が交通しているため、胸腔 ...

敗血症の原因、症状、診断、治療

敗血症の原因、症状、診断、治療

2017/12/05   -微生物学

敗血症とは、感染症によって生命を脅かすほど重篤な臓器障害が引き起こされる状態である。2016年に改訂された「敗血症および敗血症性ショックの国際コンセンサス定義第3版(Sepsis-3)」で、従来の敗血 ...

リウマチ熱の症状、診断、治療

リウマチ熱の症状、診断、治療

2017/12/03   -免疫学

リウマチ熱(Rheumatic fever;RF)はA群β溶連菌感染に続いて起きる、心臓や関節、皮膚、脳における全身性の炎症反応である。通常、当該疾患はA群β溶連菌感染後2〜4週間のうちに現れる。 徴 ...

Ramsey Hunt症候群の症状と治療

Ramsey Hunt症候群の症状と治療

2017/12/03   -脳神経科

Ramsey Hunt(ラムゼイ・ハント)症候群は、脊髄後根神経節に潜伏した水痘帯状疱疹ウイルス(VZV)が宿主の免疫力の低下などにより再活性化することで起きる顔面神経症状を主徴とした病態を指す。 顔 ...

β2ミクログロブリン

β2ミクログロブリン

2017/12/02   -基本用語

β2ミクログロブリン(B2M)は全身の有核細胞に存在するHLAclassⅠを構成する低分子タンパク質(分子量:11800Da)である。HLAclassⅠとは、免疫系が自己と非自己(外来抗原)を区別する ...

ネフローゼ症候群の診断基準、原因、病態

ネフローゼ症候群の診断基準、原因、病態

2017/12/01   -腎泌尿器科

ネフローゼ症候群とは、糸球体からタンパク質がざるのようにダダ漏れになり、尿中蛋白の増加および血中アルブミンの低下を認める状態である。血中アルブミンが低下した結果、血漿膠質浸透圧が低下し、下腿や顔面にお ...

排卵

排卵

2017/12/01   -産婦人科

排卵とは成熟卵胞が卵巣の表面に突出して破裂し、卵管へ卵子を排出する現象である。月経周期が28日の女性の場合は、それは月経開始日から約14日後に起きる。 卵胞の発育 卵胞とは卵巣皮質内にある胞状構造であ ...

月経

月経

2017/11/29   -産婦人科

月経とは、成熟した女性に毎月のサイクルで起きる子宮内膜からの生理的出血である。月経開始日から数えて、次の月経開始日までを月経周期と呼び、通常28〜30日のペースで現れる。 月経周期は子宮内膜の変化によ ...

GFR(糸球体濾過量)とeGFR

GFR(糸球体濾過量)とeGFR

2017/11/29   -腎泌尿器科

糸球体濾過量(glomerular filtration rate;GFR)とは、腎臓がどれだけ老廃物を尿に排泄するかを表し、尿細管で再吸収も排泄もされない物質(クレアチニンやイヌリン、チオ硫酸ナトリ ...

Copyright© MEDY , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.