「薬学」 一覧

競合的アンタゴニストと非競合的アンタゴニスト

競合的アンタゴニストと非競合的アンタゴニスト

2018/02/11   -薬学

アンタゴニストとは受容体に作用してアゴニストの作用を抑制、阻害する薬物のことである。抑制剤(inhibitor)、阻害剤(blocker)と呼ぶこともある。これは受容体のアゴニスト結合部位に結合し、競 ...

アンタゴニストと逆アゴニスト

アンタゴニストと逆アゴニスト

2018/02/10   -薬学

アンタゴニスト アンタゴニストとは受容体に作用してアゴニストの作用を抑制、阻害する薬物のことである。抑制剤(inhibitor)、阻害剤(blocker)とも呼ばれる。受容体のアゴニスト結合部位に結合 ...

抗うつ薬の作用機序、効果、副作用

抗うつ薬の作用機序、効果、副作用

2017/12/18   -薬学

うつ病とは通常の日常生活が行えないほどの感情の落ち込みを呈する疾患であり、不眠や食欲低下、体重減少などのさまざまな身体的症状を伴うものである。抗うつ薬はうつ病または躁うつ病(双極性障害)で見られるうつ ...

抗精神病薬の作用機序、効果、副作用

抗精神病薬の作用機序、効果、副作用

2017/12/18   -薬学

抗精神病薬は統合失調症や躁病などで見られる幻覚や妄想、精神運動興奮などの陽性症状を抑制する薬である。作用機序は中枢における抗ドパミン作用を示すものであり、第一世代(定型)と第二世代(非定型)に分かれて ...

抗不整脈薬(Ⅰ群〜Ⅳ群)の作用機序と効果、副作用

抗不整脈薬(Ⅰ群〜Ⅳ群)の作用機序と効果、副作用

2017/12/14   -薬学

抗不整脈薬は、Vaughan Williams(ヴォーン・ウィリアムズ)分類によって、それらの作用機序により4つ(Ⅰ群〜Ⅳ群)に分類されている。 Ⅰ群抗不整脈薬:Naチャネル拮抗薬 Ⅱ群抗不整脈薬:β ...

プレドニゾロンの作用機序と効果、副作用

プレドニゾロンの作用機序と効果、副作用

2017/10/22   -薬学

プレドニゾロン(PSL)は合成コルチコステロイド薬であり、免疫抑制薬として使用されている。潰瘍性大腸炎やCrohn病など特定の炎症性疾患や自己免疫疾患、またHodkinリンパ腫などの癌を治療するために ...

アンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬の作用機序と効果、副作用

アンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬の作用機序と効果、副作用

2017/10/14   -薬学

レニン・アンジオテンシン・アルドステロン(RAA)系 何らかの原因によって循環血液量が減少し、血圧が低下する病態が起きると、腎臓の輸入細動脈のJG細胞から代償的にレニンが分泌される。 レニンは血漿中の ...

セフェム系抗生物質の薬理作用|細胞壁合成阻害薬

セフェム系抗生物質の作用機序と効果、副作用

2017/09/22   -薬学

セフェム系性抗生物質の抗菌機序は、ペニシリンと同じでペプチドグリカン(PBP)合成の阻害であり、β-ラクタム系抗菌薬に分類される。 ペニシリンがグラム陽性球菌に主に活性を示すのに対し、セフェム系はグラ ...

ペニシリン系抗生物質|細胞壁合成阻害薬

ペニシリン系抗生物質の作用機序と効果、副作用|細胞壁合成阻害薬

2017/09/22   -薬学

ペニシリン系抗生物質とは、静脈内使用のペニシリンG(PCG)や、経口投与のペニシリンV、ペニシリンG耐性菌に用いるメチシリンなどを含む抗生物質群である。ペニシリン抗生物質は、ブドウ球菌や連鎖球菌によっ ...

利尿薬の作用機序、効果、副作用

利尿薬の作用機序と効果、副作用

2017/06/10   -薬学

利尿薬とは強制的に尿量を増加させる薬であり、心不全、肝硬変、高血圧症、水中毒、腎疾患などで、循環血漿量を減少させ血圧を下げたい場合などに用いられる。 利尿薬にはさまざまな作用機序があり副作用が異なるた ...

Copyright© MEDY , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.