「薬学」 一覧

抗不整脈薬(Ⅰ群〜Ⅳ群)の作用機序と効果、副作用

抗不整脈薬(Ⅰ群〜Ⅳ群)の作用機序と効果、副作用

2017/12/14   -薬学

抗不整脈薬は、Vaughan Williams(ヴォーン・ウィリアムズ)分類によって、それらの作用機序により4つ(Ⅰ群〜Ⅳ群)に分類されている。 Ⅰ群抗不整脈薬:Naチャネル拮抗薬 Ⅱ群抗不整脈薬:β ...

プレドニゾロンの作用機序と効果、副作用

プレドニゾロンの作用機序と効果、副作用

2017/10/22   -薬学

プレドニゾロンは合成コルチコステロイド薬であり、免疫抑制薬として特に有効である。潰瘍性大腸炎やCrohn(クローン)病など特定の炎症性疾患や自己免疫疾患、またHodkinリンパ腫などの癌を治療するため ...

アンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬の作用機序と効果、副作用

アンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬の作用機序と効果、副作用

2017/10/14   -薬学

レニン・アンジオテンシン・アルドステロン(RAA)系 何らかの原因によって循環血液量が減少し、血圧が低下する病態が起きると、腎臓の輸入細動脈のJG細胞から代償的にレニンが分泌される。 レニンは血漿中の ...

セフェム系抗生物質の薬理作用|細胞壁合成阻害薬

セフェム系抗生物質の作用機序と効果、副作用

2017/09/22   -薬学

セフェム系性抗生物質の抗菌機序は、ペニシリンと同じでペプチドグリカン(PBP)合成の阻害であり、β-ラクタム系抗菌薬に分類される。 ペニシリンがグラム陽性球菌に主に活性を示すのに対し、セフェム系はグラ ...

ペニシリン系抗生物質|細胞壁合成阻害薬

ペニシリン系抗生物質の作用機序と効果、副作用|細胞壁合成阻害薬

2017/09/22   -薬学

ペニシリン系抗生物質とは、静脈内使用のペニシリンG(PCG)や、経口投与のペニシリンV、ペニシリンG耐性菌に用いるメチシリンなどを含む抗生物質群である。ペニシリン抗生物質は、ブドウ球菌や連鎖球菌によっ ...

利尿薬の作用機序、効果、副作用

利尿薬の作用機序と効果、副作用

2017/06/10   -薬学

利尿薬とは強制的に尿量を増加させる薬であり、心不全、肝硬変、高血圧症、水中毒、腎疾患などで、循環血漿量を減少させ血圧を下げたい場合などに用いられる。 利尿薬にはさまざまな作用機序があり副作用が異なるた ...

毒薬、劇薬、毒物、劇物

2017/04/23   -薬学

毒薬 劇薬よりも効力(毒性)の強いものが毒薬であり、おおよそ10倍の差がある。薬事法で規制されている。黒地に白枠、白地で薬品名と「毒」の表示がされている。保存は必ず、鍵をかけた場所で、他の医薬品と区別 ...

麻薬と覚せい剤

2017/04/23   -薬学

麻薬 麻薬は脳内麻薬(エンドルフィン)と同じ作用を有し、オピオイド受容体と結合し、痛みを緩和させる。 ただし、他の医薬品と異なり、麻薬処方箋、診療録、残液廃棄、保管は法で定めるものに従う必要がある。 ...

Copyright© MEDY , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.