「病態生理」 一覧

循環血液減少性ショック

循環血液減少性ショックの原因、症状、診断、治療

2017/05/21   -病態生理

循環血液量減少性ショック(hypovolemic shock)は、出血や脱水が原因で、心臓が十分な血液を末梢に送り出すことができずに血圧低下が起きるショック状態である。早急に対処しないと臓器不全をきた ...

貧血性梗塞(白色梗塞)と出血性梗塞(赤色梗塞)の違い

虚血性梗塞(貧血性梗塞、白色梗塞)と出血性梗塞(赤色梗塞)

2017/05/04   -病態生理

虚血性梗塞 虚血性梗塞は梗塞壊死部位に血流が途絶え組織が貧血に陥っている状態を指し、主に脳や心臓、脾臓、腎臓など、単一の血管から栄養を受けている臓器で起きやすい。貧血性梗塞、白色梗塞とも呼ばれる。 出 ...

吸気と呼気

吸気と呼気

2017/01/03   -病態生理

吸気とはその名の通り、息を吸い空気を肺に入れることである。この作用は、主に横隔膜を使いながら、外肋間筋が補助的に働く。横隔膜はドーム状に胸腔と腹腔を仕切っており、吸気により収縮し平らになることで胸郭を ...

虚血、充血、うっ血の違い

虚血、充血、うっ血

2016/12/28   -病態生理

虚血 虚血とは動脈血流の不足による局所の貧血のことをいう。静脈でも虚血が生じるはことはあるが、動脈血の方が組織に栄養を送っているためその虚血は危険な徴候である。 貧血といっても、ヘモグロビンの減少を伴 ...

アポトーシスとネクローシスの違い

アポトーシスとネクローシス

2016/12/28   -病態生理

  アポトーシス ネクローシス 概念 生理的刺激により、不要になった細胞で個体をより良くするために起きるあらかじめプログラム化された積極的な細胞死のこと 紫外線や高温、酸などの刺激により起き ...

アシドーシスとアルカローシスの違い

アシドーシスとアルカローシス

2016/12/22   -病態生理

体内のH+が増加しpH7.40の状態をアルカレミアという。 そして、このアシデミアを引き起こす病態をアシドーシス、アルカレミアを引き起こす病態をアルカローシスという。 呼吸性アシドーシス・アルカローシ ...

Copyright© MEDY , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.