末梢神経系作用薬

局所麻酔薬の作用機序と効果、副作用

局所麻酔薬の作用機序と効果、副作用

局所麻酔薬とは、局所的投与により、末梢から中枢神経系への知覚電導を遮断する作用を有する薬です。 局所適用のため、適用部位近傍の知覚は遮断されますが、意識の消失は生じません。作用の発現は、細い神経線維ほど早く、また有髄より無髄神経に早く出現す…

βアドレナリン受容体遮断薬の作用機序と効果、副作用

アドレナリン受容体遮断薬とは、ノルエピネフリン、エピネフリンやその他の交感神経様作用薬とαまたはβアドレナリン受容体との相互作用を抑制する薬物のことです。 大きくαアドレナリン受容体遮断薬とβアドレナリン受容体遮断薬に分かれますが、ここでは…

αアドレナリン受容体遮断薬の作用機序と効果、副作用

αアドレナリン受容体遮断薬の作用機序と効果、副作用

アドレナリン受容体遮断薬とは、ノルエピネフリン、エピネフリンやその他の交感神経様作用薬とαまたはβアドレナリン受容体との相互作用を抑制する薬物のことです。 大きくαアドレナリン受容体遮断薬とβアドレナリン受容体遮断薬に分かれますが、ここでは…

筋弛緩薬の作用機序と効果、副作用

筋弛緩薬の作用機序と効果、副作用

筋弛緩薬は、それぞれの作用機序の相違により、中枢性筋弛緩薬と神経筋接合部をブロックする末梢性遮断薬(神経筋接合部遮断薬)に大別されています。 中枢性筋弛緩薬 ベンゾジアゼピン類やバクロフェンなどの中枢性筋弛緩薬は、錐体路の障害に起因する下位…