血液

no image

112A16

続発性無汗症の原因とならないのはどれか。 a 糖尿病 b Fabry病 c Sjögren症候群 d 甲状腺機能低下症 e 自家感作性皮膚炎

no image

112A11

続発性無汗症の原因とならないのはどれか。 a 糖尿病 b Fabry病 c Sjögren症候群 d 甲状腺機能低下症 e 自家感作性皮膚炎

前骨髄球性白血病(M3)

白血病の染色体転座のゴロまとめ

臨床現場でよく用いられる骨髄系白血病や悪性リンパ腫の染色体異常の情報をゴロでまとめました。国家試験でも頻出ですので、覚えておくと役に立ちます。 分化型骨髄芽球性白血病(M2):t(8;21) 覚え方:むっつりなハニー→むっつり(M2)なハニ…

MCV、MCH、MCHC(赤血球恒数)

MCV(平均赤血球容積) MCVとは、Mean Corpuscular Volumeの略で、血液中の単位赤血球容積の平均値を表す。80fL(フェムトリットル)以下を小球性、101fl以上を大球性、その間(80〜100)を正球性と分類している…

サラセミアの疫学、症状、診断、治療

サラセミアの疫学、症状、診断、治療

サラセミア(thalassemia)とは、ヘモグロビンの構造タンパクであるグロビン鎖の異常により、正常な赤血球が産生されず、無効造血による軽度〜重度の貧血をきたすHb異常症の一種の疾患である。 成人のヘモグロビンは本来α鎖が2つとβ鎖が2つ…

発作性夜間ヘモグロビン尿症(PNH)の症状、診断、治療

発作性夜間ヘモグロビン尿症(PNH)の症状、診断、治療

発作性夜間ヘモグロビン尿症(Paroxysmal nocturnal hemoglobinuria;PNH)とは、GPIアンカーの生合成に必要なPIGA遺伝子の後天的変異により赤血球膜上のGPIアンカー型補体制御タンパクであるCD55やCD…

好中球アルカリフォスファターゼ(NAP)

好中球アルカリフォスファターゼ(NAP)

好中球アルカリフォスファターゼ(NAP)とは、好中球の細胞質や二次顆粒中に存在しており、好中球が異物を貪食する際に用いられる酵素である。リンパ球や単球では陰性となる。 NAPは一般に成熟した好中球の中に見出されるため、真性赤血球増加症(PV…

【ゴロ】ABVD療法・CHOP療法の覚え方

【ゴロ】ABVD療法・CHOP療法の覚え方

ABVD療法の覚え方 ABVD療法はHodgkinリンパ腫に対する標準的な抗癌剤治療である。 Adriamycin – アドリアマイシン Bleomycin – ブレオマイシン Vinblastine –…

小球性貧血、正球性貧血、大球性貧血

小球性貧血、正球性貧血、大球性貧血

貧血疾患は形態的にMCV(平均赤血球容積)を基準に、サイズの小さいもの(80fl以下)を小球性、大きいもの(101fl以上)を大球性、その間(80〜100fl)を正球性と分類できる。臨床で遭遇する頻度としては小球性、正球性、大球性の順に多い…

赤血球

赤血球

赤血球(英: Red blood cell または Erythrocyte)は酸素を運ぶのに特化した細胞で、直径が7-8μm、厚さが2μm強ほどの中央が凹んだ円盤状の形をしている。 赤血球の正常値は成人男性で420-554万/uL、成人女性…