「産婦人科」 一覧

排卵

排卵

2017/12/01   -産婦人科

排卵とは成熟卵胞が卵巣の表面に突出して破裂し、卵管へ卵子を排出する現象である。月経周期が28日の女性の場合は、それは月経開始日から約14日後に起きる。 卵胞の発育 卵胞とは卵巣皮質内にある胞状構造であ ...

月経

月経

2017/11/29   -産婦人科

月経とは、成熟した女性に毎月のサイクルで起きる子宮内膜からの生理的出血である。月経開始日から数えて、次の月経開始日までを月経周期と呼び、通常28〜30日のペースで現れる。 月経周期は子宮内膜の変化によ ...

羊水のL/S比|胎児の肺成熟度の指標

羊水のL/S比|胎児の肺成熟度の指標

2017/11/26   -産婦人科

L/S比とは、Ⅱ型肺胞上皮細胞で産生され肺サーファクタントの成分であるレシチン(L)とスフィンゴミエリン(S)の比である。スフィンゴミエリンは妊娠中はほぼ一定の濃度であるのに対し、レシチンは肺の成熟と ...

子宮腺筋症の症状、診断、治療

子宮腺筋症の症状、診断、治療

2017/11/23   -産婦人科

子宮腺筋症とは、子宮内膜が異所性に子宮の筋層にびまん性に発生し、増殖する疾患である。その発症は40歳代をピークとし、子宮内膜症との合併が多く、不妊症の原因となりうる。 症状は子宮内膜症より強い月経痛と ...

プロゲステロン

プロゲステロン

2017/11/22   -産婦人科

プロゲステロン(Progesterone)は黄体から分泌され、女性の基礎体温の上昇や受精卵の着床準備などに働く黄体ホルモンである。下垂体から分泌されるLH(黄体化ホルモン)によって黄体細胞が刺激を受け ...

エストロゲン

エストロゲン

2017/11/21   -産婦人科

卵胞から分泌され、女性の二次性徴発現や糖代謝の促進、月経周期の子宮内膜増殖効果などがある。下垂体から分泌されるFSH(卵胞刺激ホルモン)によって分泌が促進される。 卵胞ホルモンには、エストラジオール、 ...

子宮内膜症の病態、症状、診断、治療

子宮内膜症の病態、症状、診断、治療

2017/11/20   -産婦人科

子宮内膜症(endometriosis)とは、子宮内膜が卵巣やDouglous窩、仙骨子宮靭帯など異所性に増殖して、炎症や瘢痕を起こす疾患である。 罹患者の半数が、月経を重ねるごとに強い痛みと慢性的な ...

月経困難症の病態、症状、治療

月経困難症の病態、症状、治療

2017/11/20   -産婦人科

月経困難症とは、月経に随伴して起こる病的症状で、下腹部痛や悪心などが通常よりも強く現れる結果、日常生活に支障をきたしている状態である。 思春期の頃などに起きる器質的変化のない機能性(原発性)無月経と子 ...

胎便吸引症候群(MAS)

胎便吸引症候群(MAS)

2017/11/20   -産婦人科

胎便吸引症候群(MAS)とは、胎児機能不全(NRFS)などが原因で胎児が羊水中に胎便を排泄し、それを出生時に肺に吸い込んでしまうことで、肺サーファクタントの不活化や気道閉塞を起こし、新生児の呼吸困難を ...

Bishopスコアの意義、その覚え方(ゴロ)

Bishopスコアの意義、その覚え方(ゴロ)

2017/11/18   -産婦人科

Bishopスコアとは妊婦定期健康診査において子宮頸管の成熟度の評価に使用されるスコアである。①子宮頸管の開大 ②子宮膣部の展退度 ③子宮膣部の硬度 ④子宮口の位置 ⑤胎児先進部下降度(SP)の5つの ...

Copyright© MEDY , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.