「基本用語」 一覧

細網内皮系(網内系)とは

細網内皮系(網内系)とは

2017/06/25   -基本用語

単球およびマクロファージなどの貪食細胞によって、異物や有害物質を排除するためにあるフィルターのような組織。 ヒトの体に存在する網内系は具体的には、結合組織および肝臓(クッパー細胞)、脾静脈洞、中枢神経 ...

治療薬物モニタリング(TDM )とは

治療薬物モニタリング(TDM )

2017/05/22   -基本用語

治療薬物モニタリングは、TDM(Therapeutic Drug Monitoring)と呼ばれ、安全域が狭く、患者の症状や検査値から投与量の決定が困難な薬物の投与時にそれぞれの患者に個別化した用法・ ...

Ⅱ音の奇異性分裂

2017/05/16   -基本用語

正常では吸気時の静脈還流量の増加によりⅡ音の分裂を認めることはあるが、これが逆になり、呼気時でⅡ音の分裂が起こり、吸気時に分裂がなくなる心音が聴取されることがある。これを奇異性分裂という。 これは大動 ...

中心窩とは

中心窩とは

2017/05/13   -基本用語

網膜視部の後部で、眼球後極の約1mm耳側には黄斑がある。黄斑には直径約2mmの円形の部で、眼底写真で見ると周囲の網膜に比べて暗く見える。 黄斑の中心部はやや陥凹して中心窩(Fovea)と呼ばれ、生体で ...

盲点とは

盲点の医学的定義

2017/05/10   -基本用語

視神経の入り口で、視神経円盤または視神経乳頭と呼ばれる網膜の小さな領域のこと。マリオット盲点ともいう。視神経乳頭には視細胞がないため、この点に届いた光は信号として脳に届かず、脳では「見えない」と認識さ ...

常染色体優先遺伝と常染色体劣性遺伝の違い

常染色体優先遺伝と常染色体劣性遺伝

2017/01/12   -基本用語

常染色体優性遺伝(AD) 人は両親から1個ずつ遺伝子をもらいます。正常をA、疾患遺伝子をaとすると、AとA以外、つまりAが1個でもあれば発症するのが常染色体優性遺伝です。 実際には若年で発症する致死的 ...

遺伝子多型と突然変異の違い

遺伝子多型と突然変異

2017/01/12   -基本用語

遺伝的多型とは 多型とは、個人または集団に存在する単一遺伝子の複数の形態を説明するために、使用される遺伝学的用語で、"不連続な"遺伝子変異を意味します。 この不連続な遺伝的変異は、集団の個体を2つ以上 ...

Copyright© MEDY , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.