「消化器科」 一覧

König(ケーニヒ)徴候

König(ケーニヒ)徴候

2017/10/28   -消化器科

König(ケーニヒ)徴候とは、食後の腹痛、交互に繰り返す下痢と便秘、鼓腸などの症状。聴診では右腸骨窩のあたりでゴボゴボとした音を聴取する。Crohn病に併発した回盲弁の閉塞やまれに小腸癌などが原因と ...

潰瘍性大腸炎の症状、診断、治療

潰瘍性大腸炎の症状、診断、治療

2017/10/25   -消化器科

潰瘍性大腸炎は、大腸に限局し直腸やS状結腸から始まる連続性に認める非特異性炎症である。Crohn病と同じく、20〜30歳代の若年を契機とすることが多い。 臨床的には粘血便を主症状とし、再発や寛解を繰り ...

Crohn(クローン)病

Crohn(クローン)病の症状、診断、治療

2017/10/24   -消化器科

Crohn病とは消化管に起こる浮腫や繊維筋症、潰瘍を伴う肉芽腫性病変である。好発年齢は10歳代後半から20歳代である。 消化管症状以外にも、結節性紅斑や関節炎、眼病変(虹彩炎など)などもあり、寛解と再 ...

【ゴロ】腹膜後器官(後腹膜臓器)とその覚え方

【ゴロ】腹膜後器官(後腹膜臓器)とその覚え方

2017/10/21   -消化器科

腹膜後器官(後腹膜臓器)とは、後腹壁の壁側腹膜に接する領域に位置する器官のことである。臓器の全周が腹膜に覆われている腹膜内器官とは違い、表面の一部だけが腹膜に覆われている。 腹膜後器官には、十二指腸、 ...

直接(抱合型)ビリルビンと間接(非抱合型)ビリルビンの違い

直接(抱合型)ビリルビンと間接(非抱合型)ビリルビン

2017/06/25   -消化器科

ビリルビンとは赤血球が主に脾臓などの網内系で壊されて出てくるヘモグロビン代謝産物である。ヘモグロビンは、ヘムとグロビンに分解され、そのグロビンから鉄が外れたビリベルジンが間接(非抱合型)ビリルビンとな ...

Child-Push分類|慢性肝疾患および肝硬変における予後評価

Child-Push分類|慢性肝疾患及び肝硬変における予後評価

2017/06/03   -消化器科

Child-Pugh分類は、5つの臨床的指標を元に、それらを点数化することで、慢性肝疾患および肝硬変の予後を評価するために使用される。 Child-Pugh分類は、もともと出血性食道静脈瘤を呈している ...

Blind loop症候群(盲管症候群、BLS)とは

Blind loop症候群(盲管症候群・BLS)

2017/05/27   -消化器科

Blind loop症候群(BLS)は胃癌のBillroth-Ⅱ法手術後の合併症として特徴的な症状である。 Billroth-Ⅱ型を受けると、術後の盲端部に腸内細菌が貯留し、増殖した細菌によって胆汁・ ...

イレウス(腸閉塞)と腸重積

2017/05/25   -消化器科

イレウス(腸閉塞) イレウスは、物理的あるいは機能的な原因などによって、腸管内腔が塞がり、腸の内容物がそれ以上先に進まなくなる病態である。 閉塞部より口側では、ガスで腸が異常に拡張することが多く、立位 ...

自己免疫性肝炎(AIH)と原発性胆汁性肝硬変(PBC)

2017/01/10   -消化器科

  自己免疫性肝炎(AIH) 原発性胆汁性肝硬変(PBC) 疫学 中年女性(HLA-DR4陽性) 中年女性(HLA-DR8陽性) 症状 発熱、関節痛、出血傾向、黄疸 自己免疫疾患(慢性甲状腺 ...

内痔核と外痔核の違い

内痔核(じかく)と外痔核の違い

2017/01/09   -消化器科

  内痔核 外痔核 病態 歯状線より上方に生じる上直腸静脈叢の静脈瘤 歯状線より下方に生じる下直腸静脈叢の静脈瘤 発生部位 3、7、11時の方向、歯状線の口側に好発。 歯状線の肛門側 症状 ...

Copyright© MEDY , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.