「消化器科」 一覧

イレウス(腸閉塞)と腸重積

2017/05/25   -消化器科

イレウス(腸閉塞) イレウスは、物理的あるいは機能的な原因などによって、腸管内腔が塞がり、腸の内容物がそれ以上先に進まなくなる病態である。 閉塞部より口側では、ガスで腸が異常に拡張することが多く、立位 ...

過敏性腸症候群の原因、症状、診断、治療

2017/05/10   -消化器科

過敏性腸症候群(Irritable Bowel Syndrome:IBS)とは、腸自体に器質的な病変は見られないが、便秘や下痢あるいはその混合型の便通異常をきたす大腸の機能性症候群である。 IBSの原 ...

自己免疫性肝炎(AIH)と原発性胆汁性肝硬変(PBC)

2017/01/10   -消化器科

  自己免疫性肝炎(AIH) 原発性胆汁性肝硬変(PBC) 疫学 中年女性(HLA-DR4陽性) 中年女性(HLA-DR8陽性) 症状 発熱、関節痛、出血傾向、黄疸 自己免疫疾患(慢性甲状腺 ...

内痔核と外痔核の違い

内痔核(じかく)と外痔核

2017/01/09   -消化器科

  内痔核 外痔核 病態 歯状線より上方に生じる上直腸静脈叢の静脈瘤 歯状線より下方に生じる下直腸静脈叢の静脈瘤 発生部位 3、7、11時の方向、歯状線の口側に好発。 歯状線の肛門側 症状 ...

穿孔(せんこう)と穿通(せんつう)の違い

消化管の穿孔と穿通

2017/01/07   -消化器科

穿孔とは、潰瘍が消化管や気管支上皮の深部に及び管腔臓器に穴が開いた状態のこと、穿通とは潰瘍が壁を突破しても、隣接する臓器や大網によって被覆され、内容物が腹腔内に流出していない状態のことをいう。 穿孔で ...

内鼠径(そけい)ヘルニアと外鼠径ヘルニアの違い

内鼠径(そけい)ヘルニアと外鼠径ヘルニア

2016/12/25   -小児科, 消化器科

  内鼠径(直接鼠径)ヘルニア 外鼠径(間接鼠径)ヘルニア 疫学 中年男性に多く、鼠径ヘルニア全体の1%。お腹に力を入れると起きやすいため、便秘気味の人に多い。 小児に好発。内鼠径ヘルニアの ...

Crohn(クローン)病と潰瘍性大腸炎の違い

Crohn(クローン)病と潰瘍性大腸炎

2016/12/23   -消化器科

潰瘍性大腸炎 潰瘍性大腸炎の病変は、直腸やS状結腸から始まり連続性に炎症が続くのが特徴的。注腸造影では偽ポリポーシスとハウストラの消失(鉛管像)を認める。 治療は軽症〜中等症例では、5-アミノサリチル ...

Copyright© MEDY , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.