Homans(ホーマンズ)徴候とは?

Homans(ホーマンズ)徴候とは、下肢の深部静脈血栓症(DVT)を示唆する身体所見の一つです。膝関節を伸展した状態で足首の底背屈運動を行うときに、下腿三頭筋に疼痛が現れます。

これは、DVTでは下腿の筋肉の筋ポンプ作用による静脈血の流れが悪くなるるため、血栓部位より下の血管が膨張し静脈炎を起こしており、そこに、さらに底背屈運動によるストレスをかけることになるからです。

動画:Homan’s Sign

ただし、このサインは偽陽性が多いということが分かっており、現在ではそこまで臨床で重要視されていません。

スポンサード・リンク
スポンサード・リンク