任意入院、医療保護入院、措置入院、応急入院

投稿日:

任意入院

対象:入院を必要とする精神障害者で、入院について、本人の同意がある者。

任意による入院であるため、医師の許可さえあれば本人の意思で基本的に入退院が可能(ただし、管理者が許可しない場合は最大72時間以内の退院制限が可能である)。

医療保護入院

対象:入院を必要とする精神障害者で、自傷他害のおそれはないが、任意入院を行う状態にない者

本人の入院の了解が得られなくても、精神保健指定医(又は特定医師)の診察及び家族等の同意を得れば、保護的に入院させることが可能となる。

家族等とはここでは以下の方達を指す。

  • 配偶者
  • 父母(患者さんが未成年の場合は両親)
  • 祖父母、子、孫、兄弟姉妹
  • 後見人又は保佐人、家庭裁判所が選任した扶養義務者

措置入院/緊急措置入院

対象:入院させなければ自傷他害のおそれのある精神障害者

2名以上の精神保健指定医が入院すべきであると決定したときに実行される。入院期間は、入院措置の解除があるまで。緊急措置の場合は指定医の診察は1名で足りるが、入院期間は72時間以内に制限される。

応急入院

対象:自傷他害の恐れはないが、入院を必要とする精神障害者で、急速を要し、家族等の同意が得られない者。

家族等ではない同居人やケースワーカーなどから依頼があり、緊急に入院の必要性があるが、家族等と連絡が取れない場合などに、精神保健指定医(又は特定医師)の診察で実行される。入院期間は72時間以内と制限があり、都道府県知事から指定を受けた応急入院指定病院で行われる。

-精神科

Copyright© MEDY , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.