赤色血栓と白色血栓

赤色血栓

赤色血栓とは血管壁に赤血球が凝集し付着する状態を呼ぶ。不整脈や心房細動などで血行が悪くなると、血液の凝固因子が活性化し血栓ができる。

静脈系にできた塞栓は肺血栓塞栓症となり肺梗塞を起こす。血栓が左房や左室内、あるいは大動脈などの太い動脈に発生した場合は、脳や腎臓、腸、下肢末梢において壊死を生ずる。

 このような赤色血栓の予防は、ワーファリンなどの抗凝固剤で凝固因子を抑制することで治療する。

白色血栓

白色血栓とは血管壁に白血球や線維素が付着する状態を呼ぶ。

糖尿病、高脂血症などの既往歴により、アテロームが動脈壁に蓄積すると、動脈硬化が起きる。アテロームは大きくなると、やがて血管の内側表面に傷をつける。損傷した血管壁には、血小板が集まり、血栓をつくる。これが白色血栓と呼ばれるものである。白色血栓が大きくなると、心筋梗塞、アテローム血栓型脳梗塞を起こす。

 白色血栓の予防には、バイアスピリン等の抗血小板剤や、コレステロールの胆汁酸への変換と排泄を促す高脂血症治療薬を用いる。

スポンサード・リンク
スポンサード・リンク