死亡率と致命率

投稿日:

死亡率とは単位人口に対する一定期間内(通常1年)における死亡者数の割合、致命率とは対象とする疾病に罹患した者のうち、その疾病が原因で死亡した者の割合である。

死亡率にも一定期間の死亡者数を単にその期間の人口で割った値である粗死亡率と、年齢構成が異なる集団の間で死亡率を比較する場合に用いられる年齢調整死亡率がある。

また致命率と相反する概念が生存率であり、これは対象とする疾病に罹患した者のうち一定観察期間内に死亡から免れる確率を示している。

-公衆衛生

Copyright© MEDY , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.