脈拍の意味と徐脈・頻脈を呈する疾患

投稿日:

脈拍の意味と徐脈・頻脈を呈する疾患
脈拍とは心臓から全身の動脈に送り出された血液が血管を拡張させた際に触れる拍動のことである。単に脈ともいうことがあり、通常健康な人では心拍数とほぼ一致しており、1分間に約60〜100bpmである。60を下回れば徐脈、100を上回れば頻脈と言う。

ただし、不整脈では脈拍数と心拍数は必ずしも一致しない。たとえば、心室頻拍(VT)の場合、心拍数は上昇するが、末梢にはしっかりと血液が送り出されず、血行動態が悪化するため脈拍数は低下する。

徐脈性の疾患

徐脈とは、脈拍数が1分間に60以下の状態のことを言う。

  • 脳圧亢進
  • 甲状腺機能低下症
  • 閉塞性黄疸
  • 神経原性ショック
  • ジギタリス中毒
  • 徐脈性不整脈(房室ブロック、洞不全症候群)

頻脈性の疾患

頻脈とは、脈拍数が1分間に100以上の状態のことを言う。

  • hyperdynamic state(貧血、甲状腺機能亢進症、発熱など)
  • ショック(出血性、敗血症性)
  • 頻脈不整脈(上室性頻拍、心室頻拍など)

-循環器科

Copyright© MEDY , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.