治療薬物モニタリング(TDM )とは?またそれが必要な薬の種類は?

治療薬物モニタリングは、TDM(Therapeutic Drug Monitoring)と呼ばれ、安全域が狭く、患者の症状や検査値から投与量の決定が困難な薬物の投与時にそれぞれの患者に個別化した用法・用量を設定することです。

古くは、薬物投与量は医師の経験を元に裁量されることが多かったが、近年の分析技術や薬物動態学の向上により、TDMによって個々の患者に最も適したさじ加減を計画的に実施するようになっています。

TDMが必要な薬物には以下の特徴があります。

1、重篤な中毒症状を引き起こす可能性のある薬物
2、治療域が明らかでかつ治療係数の低い薬物
3、簡便な血中濃度の測定が確立されている薬物
4、体内動態の個人差が大きい薬物
5、速度論の臨床的応用が確立されている薬物

具体的に以下の薬は、TDMが不可欠です。

  • 抗てんかん薬:フェニトイン、フェノバルビタール、カルバマゼピン、バルプロ酸Naなど
  • 抗うつ薬:炭酸リチウム
  • 免疫抑制薬:シクロスポリン、タクロリムス

また、以下の薬に関してはTDMが推奨されています。

  • ジギタリス製剤:ジゴキシン
  • アミノグリコシド系抗菌薬:ゲンタマイシン、トブラマイシン、バンコマイシンなど
  • 抗不整脈薬:リドカイン、プロカインアミドなど
  • 気管支拡張薬:テオフィリン
スポンサード・リンク
スポンサード・リンク