頚動脈洞反射

頸動脈洞で血圧の上昇を感受すると、インパルスは舌咽神経の分岐の頸動脈洞神経に行き、そこから延髄の弧束核に達する。

インパルス頻度増大の場合は、延髄の弧束核は血管運動中枢を抑制するので、心臓交感神経と血管収縮神経は抑制され、一方、心臓迷走神経は刺激される。

心臓では心拍数減少と心筋の収縮性低下により、心拍出量が減少し、血管では動脈の平滑筋が拡張するため末梢血管抵抗も減少する。

血圧は、末梢血管抵抗と心拍出量の積であるため、血圧も低下する。

柔道の絞め技など強く相手の首を絞めると、頸動脈洞反射により脳に向かう血流が急減するので、相手を失神に至らせることもできる。また、脈拍が過剰になった時、それを抑えるために利用されることがあり、その場合の医療行為を頸動脈マッサージと呼ぶ。

また、血圧低下により、調圧神経インパルス頻度が減少した場合の、反射性血圧上昇も頸動脈洞反射に含める。

頸動脈洞と同様の血圧変化を感受する圧受容器は大動脈弓、心房、心室にも存在する。