人口静態統計(国勢調査)と人口動態統計

投稿日:2016年12月23日 更新日:

  人口静態統計(国勢調査) 人口動態統計
調査機関 5年ごとに実施
時点(10月1日午前0時現在)
毎年実施
期間(1年通して)
調査内容 定住人口
個人調査と世帯調査
①人口(性、年齢、学歴、国籍など) ②職業 ③家計収入etc
実施の都度、項目が追加されている
人口の変動に関する項目を調査
①出生 ②死亡 ③死産 ④婚姻 ⑤離婚
調査方法 調査員が国勢調査区に調査票を配布・回収 市区町村長の作成する人口動態調査票(①〜⑤)に基づく。
調査の流れ 調査員が国勢調査区の各世帯を回り、調査票を配布する。配布された調査票は、記入された後、調査員が各家庭を再訪問して回収に向かう。調査票は市区町村に届けられ、市区町村で開封・整理され、総務省統計局に集められる。 市町村長は作成した人口動態調査票を管轄区域の保健所長の下に送付する。
保健所長は、市区町村長から提出された調査票を取りまとめ、毎月、都道府県知事に送付する。
都道府県知事は、保健所長から提出された調査票の内容を審査し、厚生労働大臣に送付する。
調査結果 人口構造人口密度人口地理的分析完全生命表作成に利用 出生率出生時体重死亡率乳児死亡率新生児死亡率死産率周産期死亡率婚姻率離婚率などを算出

人口静態統計(国勢調査)、人口動態統計両方、対象は全数調査(調査対象の全てを調査すること)です。
人口静態統計の数値をベースに、人口動態統計の推移から、今後の出生率や生存率を予測することで、将来人口の推測が行われています。
人口動態統計の諸率の分母は国勢調査人口です(国勢調査の実施年以外の人口はすべて推計人口です)。

-統計

Copyright© MEDY , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.