起座呼吸とは

心不全による血行動態の悪化で肺静脈圧が上昇しているところへ、臥位で下半身の血液が心臓に戻り、静脈還流量が増えることで肺静脈圧がさらに上昇すると呼吸困難になるほど苦しくなる。

こういう患者は、起座位に戻ることで、重力で血液が下半身に戻るため、肺静脈圧が下がり症状が軽減する。このときの呼吸方法を起座呼吸という。

起座呼吸は左心不全、肺水腫の症状であるが、喘息や慢性気管支炎、睡眠時無呼吸症候群、パニック障害を有する患者にも起こりうる。

スポンサード・リンク
スポンサード・リンク