胸腺の機能

胸腺の機能

胸腺(thymus)とは一次リンパ免疫系臓器である。胸腺内では、リンパ球が成熟し、ここで分化したリンパ球を胸腺由来リンパ球T細胞(Thymus derived lymphocytes)と呼ぶ。T細胞は細胞性免疫に重要な役割を果たす。

胸腺は2つの葉で構成され、心臓の前面と胸骨柄の後側の前縦隔に位置する。組織学的には、胸腺の各葉は、中央髄質と末梢皮質に分けることができ、皮質および髄質は互いにT細胞の成熟において異なる役割を果たしている。

皮質では、T細胞抗原レセプター(TCR)遺伝子の再編成およびポジティブセレクションが行われる、胸腺細胞が最初に発生する場所である。そして、髄質で自己抗原と強い親和性をもつ自己反応性T細胞がネガティブセレクションにより除去される。

胸腺は、新生児期および青年期前期の間が最も活発で、思春期以降は年齢と共に萎縮し、胸腺間質は主に脂肪組織に置き換わっていく。そのため、成人では胸腺を全摘しても免疫能への影響はないと言われている。