Ⅰ型呼吸不全とⅡ型呼吸不全

投稿日:2017年1月4日 更新日:

  Ⅰ型呼吸不全 Ⅱ型呼吸不全
病態 拡散障害、左右シャントによりO2とCO2の拡散能に問題がある状態 肺胞低換気やCOPDなどにより、ガス交換がうまくできていない状態
検査 PaO2≦60Torr , PaCO2≦45Torr
A-aDO2(肺胞動脈血酸素分圧較差)の開大
PaO2≦60Torr , PaCO2≧45Torr
原因 肺癌・気管支喘息・間質性肺炎など。
Ⅱ型に比べ慢性化の頻度が高いのが特徴的。
肺胞低換気、重症気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患(COPD,肺気腫)など。
治療 慢性時は、在宅酸素療法(HOT) 人工換気療法

呼吸不全は病態により、Ⅰ型呼吸不全Ⅱ型呼吸不全に分類されます。

Ⅰ型呼吸不全は、肺胞か血管が損傷しており、O2とCO2の拡散能に問題があるときに生じ、原因としては、拡散障害や、左右シャントによります。
PaCO2の値は正常ですが、PaO2が正常値より小さくなっており、つまりCO2はどんどん出て行くが、O2が入ってこないという状況なため、低酸素血症に陥ってしまいます。

一方、Ⅱ型呼吸不全はそもそも肺胞のガス交換がうまく行っていない状況といえます。そのため、PaO2は60Torrより低くなり、PaCO2は45Torrより大きくなります。原因としては、呼吸運動が低下してる場合や肺胞に入ってくる空気の量が足りていないことなどがあり、肺胞低換気、重症気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患(COPD)などの患者で起きやすいです。

Ⅱ型の場合の治療は、酸素補充だけでは効果が出ないため、CO2ナルコーシスに注意しながら人工換気療法を行っていきます。

呼吸不全を発症する原因

  • 換気血流不均衡・・・換気と血流のミスマッチ
  • 左右シャント・・・心疾患などにより肺胞に血液が行かない状態
  • 拡散障害・・・肺胞内に取り込まれた酸素が正常に毛細血管に取り込まれない
  • 肺胞低換気・・・呼吸中枢や呼吸筋障害によって換気が不十分な状態

-呼吸器科

Copyright© MEDY , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.