アンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬の作用機序と効果、副作用

投稿日:

レニン・アンジオテンシン・アルドステロン(RAA)系
何らかの原因によって循環血液量が減少し、血圧が低下する病態が起きると、腎臓の輸入細動脈のJG細胞から代償的にレニンが分泌される。

レニンは血漿中の肝臓で合成されたアンジオテンシノーゲンに作用してアンジオテンシンⅠ(AT-Ⅰ)を合成する。アンジオテンシンⅠは肺のアンジオテンシン変換酵素(ACE)により血管収縮作用の強いアンジオテンシンⅡ(AT-Ⅱ)になる。

アンジオテンシンⅡは血管を収縮し、また副腎皮質で分泌されるアルドステロンの分泌も促進する。

アルドステロンは集合管に作用し、Naの再吸収を促すことで循環血液量を増加させる。

アンジオテンシンⅡは、この2つの機序で血圧を上昇させる。

アンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬の作用機序
アンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬は、このレニン・アンジオテンシン・アルドステロン(RAA)系の経路の中で、ACEを阻害しアンジオテンシンⅡの分泌量を低下させることで血圧の低下作用を示すため、高血圧や慢性心不全の治療に用いられる。

代表薬として、カプトプリル(カプトリル)イミダプリル(タナソトル)エナラプリル(レナベース)がある。

ACE阻害薬の副作用として、肺のブラジキニン上昇による乾性咳(空咳)高カリウム血症などがある。特に、腎不全で濾過障害がある場合は悪化させるので血中クレアチニン濃度のモニターは必須である(Cr>2は注意)。

-薬学

Copyright© MEDY , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.