抗体依存性細胞障害(ADCC)

投稿日:

抗体依存性細胞障害(ADCC)とは、NK(ナチュラルキラー)細胞などFcレセプターを有するエフェクター細胞が標的細胞上の抗原を認識したIgGをFc部分で結合し、標的細胞を破壊する細胞傷害活性である。

エフェクター細胞には他に、マクロファージや顆粒球(好中球、好酸球)などが知られている。生体内でも同様の機序で細胞障害を引き起こすため、抗体療法の主な作用機序と考えられている。

ADCCとはantibody-dependent cell-mediated cytotoxicityの略である。

-免疫学

Copyright© MEDY , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.