クレアチニンとクレアチンの違いは?

クレアチンは主に肝臓で生成され、脳や筋肉に取り込まれ、細胞の中でATPと反応して脳や筋肉のエネルギー源となります。クレアチンのリン酸化体であるクレアチンリン酸は筋肉代謝においてATP濃度の緩衝物質として働いています。
クレアチンリン酸中のリン酸塩基は、ATPのリン酸残基と同等の高い化学エネルギーをもつので、容易にADPに転移します。逆に、過剰のATPが存在するときは、ATPおよびクレアチンからクレアチンリン酸が生じます。これらの反応はクレアチンキナーゼによって触媒されています。

一方、クレアチニンはクレアチンの最終代謝産物です。クレアチンとクレアチンリン酸は、少量ではありますが、酵素反応によらずに、一定の割合でクレアチニンに変化し、尿中に排泄されます。
尿中排泄量は筋肉量に比例しており、成人では体重あたりほぼ一定で尿量に影響されていません。糸球体で濾過された後は、尿細管でほぼ再吸収されないことから、そのクリアランスは糸球体濾過量の近似値として用いられています(クレアチニンクリアランス)。

GFR(糸球体濾過量)とeGFRの違いは?

スポンサード・リンク
スポンサード・リンク