ストレスにより糖尿病になる理由

ストレスにより糖尿病になる理由ストレスが増えると、自律神経が乱れるため、反応性にアドレナリン分泌量が増える。

アドレナリンは血圧を上げ、興奮を高める作用に加え、グリコーゲンの異化を促進し、血糖値を上げる作用があるため、アドレナリンが増えれば血糖値も上昇する。

また急性ストレスに対して、インスリンの分泌量が減少することも分かっているため、これによってインスリン抵抗性が生まれる。

ストレスが溜まればそれを代償するために、過食になることもあるためそのせいで糖尿病が進んでいく可能性もある。

スポンサード・リンク
スポンサード・リンク