Shirmer(シルマー)試験

投稿日:

目を潤す涙液がしっかり出ているかを判定するための試験。
ドライアイを診断するときには欠かせない検査で、Sjögren(シェーグレン)症候群の診断基準ともなっている。陰性の(5分で濾紙上の水分が10mmを超える)試験結果であれば正常である。

動画:Shirmer(シルマー)Test

Shirmer(シルマー)試験の手順

この検査では、数分間目の中に指定の濾紙を折り曲げた部分を下眼瞼に挟みこみ、5分間でどれだけ濡れるかを測定する。紙による裂傷を防ぐために、濾紙を入れる前に局所麻酔剤を点眼する方が患者の負担は少ない(ただしこの場合反射による涙液分泌は低下するため、涙液貯留量のみを測定することになる)。

若い健常人であれば通常、濾紙の15mmは涙で濡れている。涙の分泌量は老化に伴って減少してくるため、健康な高齢者であれば5分間で10mmほどは濡れる。
5mm以下を異常(陽性)とし、5~10mmはグレーゾーンとされている。

-検査医学

Copyright© MEDY , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.