Crohn(クローン)病の症状、診断、治療

投稿日:

Crohn病とは消化管に起こる浮腫や繊維筋症、潰瘍を伴う肉芽腫性病変である。好発年齢は10歳代後半から20歳代である。

消化管症状以外にも、結節性紅斑や関節炎、眼病変(虹彩炎など)などもあり、寛解と再熱を繰り返す傾向がある。詳しい原因は不明だが遺伝的要因や生活習慣、腸内細菌叢の以上、ウイルス感染などが考えられている。

臨床所見

  • 小腸や大腸に縦走潰瘍や敷石像などの病変を有し、通常は非連続性・区域性病変である。
  • 腹痛、下痢、体重減少、発熱、肛門病変がよく見られる。炎症が粘膜全層に渡るため、重症化すると腸穿孔をきたす。
  • 合併症では、消化管病変以外も見られ、関節炎や結節性紅斑、壊疽性膿皮症などの皮膚病変、虹彩炎、ぶどう膜炎などの眼病変をきたす。

診断

Crohn(クローン)病全消化管に非連続性(Skip lesion)に縦走潰瘍と敷石像(Cobblestone appearance)、狭窄、瘻孔を認める。

生検で、全層性炎症、非乾酪性類上皮細胞肉芽腫を認める。

治療

治療は5-アミノサリチル酸(5-ASA)やステロイド(プレドニゾロン)で炎症の寛解を目指す。ただしステロイドは寛解導入効果に優れていても、寛解維持の効果は薄いため、長期投与による副作用を考慮し、漸減中止を図る。

さらに治療抵抗例では、入院の上、全身・栄養管理を行いながら、抗TNF-α抗体製剤を用いる。強い免疫抑制作用による肺炎や結核の再燃には要注意。

-消化器科

Copyright© MEDY , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.