インスリンの作用機序

投稿日:

インスリンインスリンは、膵のβ細胞で合成される1本のプロインスリンから生成され、細胞(特に肝臓、脂肪組織、筋肉)による血液からのグルコースの取り込みを調整する主要ホルモンである。

基本的には、血糖値が上昇すると、β細胞からのプロインスリンの分泌が増え、血糖値が低下すると、プロインスリンの分泌が減少する仕組みとなっている。

プロインスリンは、インスリンと同時に等モルでCペプチドを作り出すため、これが糖尿病のインスリン依存性の指標として利用されている。

インスリンの作用

1.グルコースの細胞内への取り込み

インスリンはグルコースを細胞内へ輸送するための細胞膜にある担体を増加させる。この担体を介した輸送を促通輸送という。

2.糖代謝

末梢におけるグルコースの取り込みと、肝でのグリコーゲン合成を促進することで血糖値を低下させている。

3.脂質代謝

肝臓での脂肪生成を活性化することで、脂肪組織の脂肪分解を抑制する作用がある。糖尿病では、この作用が働かないため、遊離脂肪酸からケトン体が作られ、代謝性アシドーシスになる。

4.タンパク質代謝

筋肉へのアミノ酸取り込みを促進、糖新生を抑制することでタンパク質の合成を促進する作用がある。

なぜ糖尿病になるのか

糖尿病とは、免疫的機序によりβ細胞が破壊されインスリン不足に陥ったり、細胞のインスリン受容体が鈍感になることで細胞への糖の取り込みが減少し、血糖値が持続的に上昇する病気である。

血糖値が高いにも関わらず、細胞が糖を取り込めないために細胞はエネルギー不足に陥るため、その代わりとして細胞は遊離脂肪酸をエネルギー源として利用する。この際、分解産物としてケトン体が生成されるため、アシドーシスに陥り放置すれば死に至る。

血液中のグルコース濃度が経時的に高くなっていくと、尿細管でそれ以上再吸収できずに、グルコースは尿中に排泄される。これにより、尿浸透圧が上昇するため、水の再吸収が阻害され、多尿および重症化すると脱水をきたす。

-内分泌科

Copyright© MEDY , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.