GCS (Glasgow Come Scale)の簡単な覚え方

GCSとは開眼(E)、言語(V)、運動反応(M)の3項目を4点、5点、6点満点で評価し、意識レベルを決定する指標である。最低点が3点(すべて1点)、最高点が15点である。

E:開眼機能(Eye opening)
4 自発的に開眼(Good)
3 声をかけると開眼(To speech)
2 疼痛刺激により開眼(To pain)
1 全く開眼せず(Dead)
V:言語反応(Verval response)
5 見当識あり(Good)
4 混乱した会話(Disoriented)
3 支離滅裂な単語(Incoherent words)
2 理解不能の音声(Only sounds)
1 発語せず(Dead)
M:運動反応(Motor response)
6 命令に従う(Good)
5 疼痛刺激を払いのける(Localizes pain)
4 疼痛に対しての逃避反応あり(Withdrawal from pain)
3 疼痛に対して除皮質硬直(Flexion to pain)
2 疼痛に対して除脳硬直(Extension to pain)
1 全く動かない(Dead)

※Deadはイメージとして覚えるために提案しているだけで、実際に亡くなっていると言っているわけではないので注意。

E:開眼機能(Eye opening)の覚え方

最大4点までしかないので、Goodな状態とDeadな状態を除き残り2つを覚える。
救急の現場では声をかけて開眼がなければ、次に跡が残らない程度にボールペンの側面で爪を思いっきり押したりするなどして刺激を与える。まず音声刺激、それで反応がなければ痛み刺激である。これは理屈で覚えればそう暗記は難しくないと思う。

V:言語反応(Verval response)

GoodとDeadを除けば、①会話をしているか(4点)→②単語を話しているか(3点)→③赤ちゃんみたいな喃語か(2点)、の3段階で評価する。こちらも理屈で覚えればわざわざゴロは必要ないはずである。

M:運動反応(Motor response)

GCS (Glasgow Come Scale)の簡単な覚え方運動反応はなかなか覚えるのが難しいが、GoodとDead以外を頑張って覚える。

  • 疼痛刺激に対して、ピンポイントで払いのける動作をすれば、Localizes painで5点(指が5本あるので手全体を広げて仰ぐように払いのける動作をイメージ)。
  • 疼痛に対して手足を引っ込めるような逃避反応があれば、Withdrawal from painで4点(Wが4本線なのでそれをイメージ)

また、除皮質硬直よりも除脳硬直のほうがヤバいのはお分かりだろうか?除皮質硬直は大脳皮質が障害を受けることで起きる上肢屈曲、下肢伸展の動作で、除脳硬直は脳幹(中脳)の障害により起きる上肢・下肢の伸展動作である。脳幹という部位は生命維持に関しても、覚醒に関しても極めて重要な脳の部位であり、生命維持に直結している。そのため、除脳硬直の方がヤバいので、除皮質硬直(3点)>除脳硬直(2点)である。

スポンサード・リンク
スポンサード・リンク