Spalding徴候

Spalding徴候とは、子宮内胎児死亡時にも児頭頭骨と産道抵抗の関係で形成される骨重積が起こることをいう。胎児死亡とは、胎児の生命現象が消失したことを意味し、心拍・胎動の停止を以て決定する。

スポンサード・リンク
スポンサード・リンク