Bishopスコアの意義、その覚え方(ゴロ)

投稿日:

Bishopスコアとは妊婦定期健康診査において子宮頸管の成熟度の評価に使用されるスコアである。①子宮頸管の開大 ②子宮膣部の展退度 ③子宮膣部の硬度 ④子宮口の位置 ⑤胎児先進部下降度(SP)の5つの項目で試算する。

9点以上:頸管成熟
5〜8点以上:分娩誘発は可能
4点以下:頸管未成熟

10点以上の場合は、24時間以内に陣痛が発来する確率は90%。5点以下であれば分娩は誘発なしに開始することは難しいとされている。

0点 1点 2点 3点
子宮頸管の開大 0 1〜2 3〜4 5〜6
子宮膣部の展退度 0〜30 40〜50 60〜70 80〜
子宮膣部の硬度
子宮口の位置 後方 前方
胎児先進部下降度 -3 -2 -1〜0 +1〜

Bishopスコアの覚え方

Bishopスコアは以下の頭文字で覚えると覚えやすい。点数はすべて覚えるのは大変なので、まずは1点のものを覚えよう!!

B:Back(子宮膣部の展退度)
S:Station(子宮口位置)
H:Hardness(子宮膣部の硬度)
O:Open(子宮頸管の開大)
P : Position(胎児先進部下降度)

-産婦人科

Copyright© MEDY , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.