胎便吸引症候群(MAS)

投稿日:

胎便吸引症候群(MAS)とは、胎児機能不全(NRFS)などが原因で胎児が羊水中に胎便を排泄し、それを出生時に肺に吸い込んでしまうことで、肺サーファクタントの不活化や気道閉塞を起こし、新生児の呼吸困難を起こす病態である。

気道に詰まった胎便を吸引するためには、気管内挿管を行う必要があり、心拍数の低下を認める場合は、酸素投与や人工換気も行う。

重症例では、化学性肺炎、気胸、新生児遷延性肺高血圧症(PPHN)を併発する。 PPHNに対して、一酸化窒素吸入療法、体外式膜型人工肺(ECMO)を必要とする場合がある。

-産婦人科

Copyright© MEDY , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.