アテトーゼ

アテトーゼ(athetosis)とは、核黄疸や脳性麻痺などで錐体外路系が障害されることで見られるゆっくりと絶えずくねるような持続的動きのことである。アテトーゼの語源は「一定の姿勢を保持できない」である。

力が入ったような奇異な動きで、動きは緩慢で不規則である(虫が這うような運動)。四肢の遠位部(特に上肢、手指)、顔面、頸部に多い。精神的な緊張や随意運動、感覚刺激で誘発され、睡眠により消失する。

動画:athetosis

スポンサード・リンク
スポンサード・リンク