β2ミクログロブリンとは?どういうときに上昇するか?

β2ミクログロブリン(B2M)は、すべての有核細胞に存在するHLAclassⅠを構成する低分子タンパク質(分子量:11800Da)です。HLAclassⅠとは、免疫系が自己と非自己(外来抗原)を区別するための自他認識のマーカーでしたね。

基準値は、血中:0.8〜2.4mg/L、尿中:230μg/L以下とされています。

B2Mは糸球体で濾過された後は、近位尿細管で99%再吸収されているため、尿細管の障害により再吸収が低下すると、尿中のB2Mは上昇します。

また、血中で上昇している際は、慢性腎臓病による糸球体濾過量の低下や、ウイルス感染や自己免疫疾患、悪性腫瘍などで細胞性免疫の活性化や標的臓器の細胞のターンオーバーが亢進し、HLAclass1抗原の発現が高まっていることなどが考えられます。

AIDSではCD4陽性細胞の減少によりCD8細胞が相対的に増加し、ここから産生されるINF-γの作用により全身の細胞からのβ2Mの産生が増加するため、血中濃度が上昇します。

したがって、血清のB2Mは細胞性免疫系の活性化マーカーや腫瘍マーカーともなり、尿中のB2M値は腎臓の尿細管障害の評価にもつながるというわけです。

B2Mの他にも、尿細管障害の鋭敏な指標としては、低分子量蛋白である尿中NAGα1ミクログロブリンなどがあります。

尿細管障害をきたす主な疾患

原因 代表例
血液疾患 骨髄腫腎(cast nephropathy、アミロイドーシス、免疫グロブリン軽鎖沈着症)
代謝・電解質異常 通風腎、高カルシウム血症
急性尿細管壊死 敗血症、腎虚血(心血管手術後・ショック)
全身性疾患 サルコイドーシス、Sjögren症候群
感染症 腎盂腎炎、腎結核
薬剤性 抗生物質NSAIDs、放射線造影剤、抗てんかん薬、腎毒性抗癌薬、漢方薬
重金属中毒 リチウム、鉛、カドミウム、水銀
スポンサード・リンク
スポンサード・リンク