Ramsey Hunt症候群の症状と治療

投稿日:

Ramsey Hunt(ラムゼイ・ハント)症候群は、脊髄後根神経節に潜伏した水痘帯状疱疹ウイルス(VZV)が宿主の免疫力の低下などにより再活性化することで起きる顔面神経症状を主徴とした病態を指す。

顔面神経麻痺の臨床症状はBell麻痺に非常に類似しており、疱疹や内耳障害がはっきり見られない場合はBell麻痺と先に診断されてしまうこともある。

Ramsey Hunt症候群の3主徴

  • 末梢性顔面神経麻痺
  • 蝸牛前庭神経症状:難聴、耳鳴、回転性めまい
  • 外耳道、耳介、その周辺の疱疹

Ramsey Hunt症候群の治療

  • 副腎皮質ステロイド:プレドニゾロン
  • 抗ヘルペスウイルス:アシクロビル、パラシクロビル
  • 人工涙液点眼:兎眼による乾燥性角膜炎や点状表層角膜症を予防
  • -脳神経科

    Copyright© MEDY , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.