リウマチ熱の症状、診断、治療

投稿日:2017年12月3日 更新日:

リウマチ熱の症状、診断、治療リウマチ熱(Rheumatic fever;RF)はA群β溶連菌感染に続いて起きる、心臓や関節、皮膚、脳における全身性の炎症反応である。通常、当該疾患はA群β溶連菌感染後2〜4週間のうちに現れる。

徴候および症状には、発熱、心炎、多発性関節炎、不随意運動(小舞踏病)、輪状紅斑、皮下結節などが見られる。リウマチ熱の合併症として心炎が50%に起こりうる。僧帽弁が冒されるため僧帽弁狭窄症(MS)をきたし、心不全や不整脈の発症にもつながる。

関節リウマチとは異なり、心臓への影響が重症度に関与する。

リウマチ熱の症状

  • 心炎(50%):心内膜炎、心膜炎
  • 多発関節炎(60〜85%):四肢の大関節から始まり移動性
  • 小舞踏病(リウマチ性舞踏病)
  • 輪状紅斑:体幹中心に消退、出現を反復
  • 皮下結節

リウマチ熱の診断

  • A群β溶連菌の咽頭培養(+)、ASO↑
  • 急性期反応:CRP↑、WBC↑、赤沈↑
  • 心エコー検査:心膜炎、弁膜症(MS・MR・AS・AR)などの合併症の有無を確認

リウマチ熱の治療

溶連菌に対しては、ペニシリンG、広域ペニシリン、セフェム系が有効。心炎の併発例にはステロイドを用いる。

-免疫学

Copyright© MEDY , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.