抗不整脈薬(Ⅰ群〜Ⅳ群)の作用機序と効果、副作用

抗不整脈薬は、Vaughan Williams(ヴォーン・ウィリアムズ)分類によって、それらの作用機序により4つ(Ⅰ群〜Ⅳ群)に分類されています。

Ⅰ群抗不整脈薬:Naチャネル拮抗薬(キニジン、プロカインアミドなど)
Ⅱ群抗不整脈薬:β受容体遮断薬(プロプラノロール)
Ⅲ群抗不整脈薬:Kチャネル拮抗薬(アミオダロン)
Ⅳ群抗不整脈薬:Caチャネル拮抗薬(ベラパミル)

Ⅰ群抗不整脈薬

Ⅰ群抗不整脈薬は、Na+チャネルに依存する結節細胞以外の刺激伝導系細胞(ヒス束・脚・プルキンエ線維)の自動能を抑制し、不整脈の予防・停止効果を示します。またNa+チャネルの不活性からの回復を遅延させることにより不応期を延長させ、リエントリー性の不整脈予防に効果があります。

・ⅠA群

ⅠA群には、キニジンプロカインアミドジソピラミドなどがあり、Na+チャネルの脱分極の立ち上がりを遅らせ、K+チャネルの遮断作用により、活動電位持続時間を長くし、不応期を延長します。

副作用としては、キニジン、ジソピラミドは抗コリン作用を持っており、下痢や悪心などの消化器症状が見られます。またキニジンはQT延長およびTorsades de Pointes(TdP)を引き起こす恐れがあり、時にキニジン失神と呼ばれる重篤な病態に至ることがあります。
ⅠA群抗不整脈薬

・ⅠB群

ⅠB群にはリドカイン、メキシチレンなどがあり、Na+チャネルの脱分極の立ち上がりを遅らせ、K+チャネルの開口を促進することで、活動電位持続時間を短縮します。もともと活動電位持続時間の短い心房筋に対してはほぼ効果がないため、特に心室不整脈の治療に有用です。

リドカインは局所麻酔薬としても用いられるが、中枢神経副作用としてめまいや錯乱を引き起こすことがあります。
ⅠB群抗不整脈薬
局所麻酔薬の作用機序と効果、副作用

・ⅠC群

ⅠC群にはフレカイニド、プロパフェノンなどがあり、最も強力なNa+チャネル遮断作用があり、第0相の脱分極を遅延させます。しかし、K+チャネルに対しての作用はないため、活動電位持続時間と不応期には影響を与えません。これらの薬は、難治性の心室不整脈や心房細動(AF)に対して認可されており、最近の臨床研究で催不整脈作用が認められており注意が必要とされています。
ⅠC群抗不整脈薬

Ⅱ群抗不整脈薬

交感神経のβ受容体は、Ca2+の流入を増加させることで、洞結節や房室結節のような電位依存性Caチャネルを持つ結節細胞の興奮を増加させます。

Ⅱ群はこのβ受容体を遮断する薬であり、プロプラノロールメトプロロールエスモロールなどがあります。房室伝導を抑制し、心拍数の上昇を抑制するため、心房粗動(AFL)、心房細動(AF)、房室結節リエントリー性頻脈などに用いられています。また、肥大型心筋症(HCM)患者に対して、左室流出路の狭窄を抑える目的で投与されることもあります。

副作用としては、気管支喘息や徐脈などが挙げられます。
Ⅱ群抗不整脈薬



Ⅲ群抗不整脈薬

Ⅲ群はKチャネル拮抗薬であり、アミオダロンソタロールニフェカラントなどがあります。再分極の際に流れるKの外向き電流を減少させ、活動電位持続時間と不応期を延長します。アミオダロンはⅠ群・Ⅱ群・Ⅳ群の抗不整脈薬の作用も併せもっており、心室頻拍(VT)などの致死性不整脈にも第一選択で用いられています。

ただし、アミオダロンは副作用が強く、肺線維症や甲状腺機能異常症(亢進または低下)、肝毒性、神経障害、光線過敏症などが知られており、これらによって投薬中断を差し迫られることも少なくありません。また、極度の活動電位持続時間の延長によりキニジンと同様、QT延長およびTorsades de Pointes(TdP)を引き起こす恐れもあります。
Ⅲ群抗不整脈薬

Ⅳ群抗不整脈薬

Ⅳ群はCaチャネル拮抗薬で、ベラパミルジルチアゼムなどがあります。Caチャネルの阻害により、洞結節や房室結節のような電位依存性Caチャネルを持つ結節細胞の活動電位を抑制して、心拍数や収縮力の低下作用を発揮します。

ベラパミルやジルチアゼムは心室性不整脈よりも発作性上室性頻拍(PSVT)、心房粗動(AFL)、心房細動(AF)のレートコントロールに適しており、それに加え血管拡張作用があるため高血圧や狭心症の治療としても用いられています。

陰性変力作用があるため、高度な心不全をきたしている患者は禁忌となっています。また、正常伝導を抑制するだけなので、WPW症候群のような場合は用いることができません。
Ⅳ群抗不整脈薬

スポンサード・リンク
スポンサード・リンク