抗うつ薬の作用機序、効果、副作用

うつ病とは通常の日常生活が行えないほどの感情の落ち込みを呈する疾患であり、不眠や食欲低下、体重減少などのさまざまな身体的症状を伴う疾患です。抗うつ薬は、うつ病、あるいは躁うつ病(双極性障害)で見られるうつ症状を治療するために作られた薬です。

三環系抗うつ薬

抗うつ薬の作用機序
三環系抗うつ薬はノルアドレナリンおよびセロトニンの神経終末への再取り込みをブロックする薬である。その結果、受容体に対するノルアドレナリンやセロトニンの量が増加し、ムードの改善や精神運動の活性化を引き起こす。

また別の理由として、モノアミンの受容体への結合阻害が長く続くと、シナプス前膜の受容体の脱感作が起こるため、そのネガティブフィードバックとして、ノルアドレナリンやセロトニンの代謝回転がアップするからと言われることもある。この考え方のほうが三環系抗うつ薬の作用の出方にある程度の時間を要することを説明しやすい。

三環系抗うつ薬の種類にはイミプラミンやデシプラミン、アミトリプチン(トフラニール)がある。イミプラミンは効果の発現に数週間かかることもある。

三環系抗うつ薬の副作用には以下が挙げられる。

  • 抗コリン作用:口渇、便秘、尿閉、不整脈
  • 起立性低血圧:抗α1受容体を同時に阻害するため、立位で反応性の血管収縮が起こりにくくなる。
  • 眠気:脳賦活作用を持つヒスタミンとH1受容体との結合を競合的に阻害するためと考えられる。

抗うつ薬は健常人に対して投与しても中枢神経症状を示すようなことはなく、テンションが特別上がるわけでもない。イミプラミンは膀胱内括約筋を収縮させるため、小児の夜尿症の改善に用いられることがかつてあった。

四環系抗うつ薬

三環系抗うつ薬の副作用である自律神経症状を抑えるために開発された薬であり、抗コリン作用などは三環系に比べて確かに弱い。作用機序はシナプス前膜にあるノルアドレナリンの再取り込みを選択的に抑制することでその効果を発揮する。

四環系抗うつ薬の種類にはマプロチリン(ルジオミール)、ミアンセリン(テトラミド)、アモキサピン(アモキサン)などがある。

選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)

神経終末のセロトニンのみの再取り込みをブロックするため、三環系抗うつ薬の副作用である抗コリン作用、抗α1作用、抗ヒスタミン作用を克服している。SSRIの種類にはフルボキサミン(ルボックス)やフルオキセチン(プロザック)、パロキセチン(パキセル)などがある。

三環系抗うつ薬やMAO阻害薬に加えると重大な副作用は少ないと考えられるが、睡眠障害や性機能障害、消化器症状をきたす可能性は十分ある。

ノルアドレナリン/セロトニン再取り込み阻害薬(SNRI)

神経終末のノルアドレナリンとセロトニンの再取り込みを阻害する薬であり、SSRIに効果が見られない患者に投与される。SNRIの種類にはベンラファキシン(イフェクサー)、デュロキセチン(サインバルタ)、ミルナシプラン(トレドミン)などがある。

モノアミン酸化酵素阻害薬(MAOI)

モノアミンオキシダーゼ(MAO)は中枢神経系ニューロンに作用するモノアミンの分解を促す酵素である。MAO阻害薬はこの酵素を不可逆的に不活化し、神経伝達物質の分解を阻害することで抗うつ効果を発揮する。なお、現在日本では抗うつ薬としての使用はほぼ行われておらず、パーキンソン病の治療薬としてL-DOPAで不十分な時に用いられている。

MAO阻害薬の種類にはセレギリン(エフピー)、フェネルジン、ラサジリン、トラニルシプロミンなどがある。MAO阻害薬の服用に際しては、チーズや肉、アンチョビ、赤ワインなどの食品制限が必要となる。なぜならこれらの食品に含まれるチアミンの分解がMAOの阻害によって行われず、その結果チラミンのカテコラミン促進作用によって、高血圧や不整脈などのいわゆる高血圧クリーゼを引き起こすからである。

スポンサード・リンク
スポンサード・リンク