医師法と医療法

投稿日:2016年12月29日 更新日:

  医師法 医療法
概要 医師の義務・資格について規定している 医療機関の管理や体制、運営について規定している
主な制定 1条 医師の任務
3条 絶対的欠格事由
4条 相対的欠格事由
6条 登録・免許証の交付及び届出
11条 医師国家試験受験資格
15条 医師国家試験または医師国家試験予備試験における不正行為の禁止
17条 医師以外の医業の禁止
18条 名称の使用制限
19条 応招義務及び診断書交付の義務
20条 無診療治療等の禁止
21条 異状死体などの届出義務
22条 処方箋の交付義務
24条 診療録の記載及び保有(5年)
病院・診療所の定義
地域医療支援病院・特定機能病院
病院等の解説および届出
医療計画(策定は都道府県)
医業に関する広告の制限

医師法は、医師に関する規定、医療法は医療機関に関しての規定と覚えておきましょう。
ただし、医師が患者に対して取ることが義務付けられてるインフォームド・コンセント(説明と同意)は、医療法に規定があります(1997年に明文化されました)。

また医師には守秘義務があり、患者の個人情報を了承なく第3者に漏らしてはいけませんが、これは医師法ではなく、刑法に規定があります(ややこしい!)。

-公衆衛生

Copyright© MEDY , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.