運動麻痺:単麻痺、片麻痺、対麻痺

上位運動ニューロン障害および下位運動ニューロン障害が起きれば、随意運動が障害され、自分の思うように力が出せず体が動かせなくなります。
上位運動ニューロン障害と下位運動ニューロン障害の違いは?

単麻痺

手足のうち1カ所に限局する麻痺のことを意味します。たとえば、橈骨神経麻痺腕神経叢麻痺などが挙げられます。下位運動ニューロンの障害が主で、大脳皮質の右上肢を担当する部位にのみ障害を起こすようなことがあれば、右上肢のみの運動麻痺も起こります。

片麻痺

片側の上下肢で見られる麻痺のことを意味します。原因となる障害部位は大脳皮質〜脊髄まで多岐にわたりますが、とくに内包のやや上方〜頸髄上部では多くの神経線維が接近して走行しており片麻痺を来しやすい傾向にあります。

また、脳幹の障害では交代性片麻痺という特徴的な症状を呈します。たとえば、延髄のⅨの核と皮質脊髄路を同時に障害した場合、Ⅸはすでに頭側で交叉しているので、患側でⅨ麻痺が見られ、錐体路はそれより末梢側で交叉するため反対側で麻痺が現れます。

対麻痺

四肢麻痺と異なり、両下肢のみの運動麻痺のことを意味します。ほとんどのケースで脊髄の横断的な障害に起因します。右下肢担当の運動ニューロンと左下肢担当のニューロンで同時に障害を受ける前脊髄動脈閉塞や、両側の腰神経叢の障害で見られることがあります。

スポンサード・リンク
スポンサード・リンク