no-image

112A17

62歳の男性。胸部食道癌の術後に人工呼吸から離脱できず、アンピシリンの投与を受けていた。術後3日目の朝、39.1℃の発熱と喀痰増加がみられ、胸部エックス線写真で右下肺野に新たな浸潤影を認めた。血液および喀痰培養を行い抗菌薬を変更したが、術後4日目になっても39℃を超える熱が持続している。培養検査の結果はまだ判明していない。

この時点の対応として適切でないのはどれか。

a 上体を30度挙上する。
b ドレーン排液の性状を確認する。
c 気管チューブのカフ圧を確認する。
d 抗菌薬を再度変更する。
e 創部の状態を確認する。




解答:d
抗菌薬を変更して1日しか立っておらず、有効性を判断するには時期尚早で、再度の変更は意味がない。