no-image

112A29

3歳の女児。3歳児健康診査で眼位異常を指摘されて来院した。視力は右0.1(0.4×+1.0D)、左1.0(矯正不能)。調節麻痺薬点眼による屈折検査では右+4.5D、左+3.0Dであった。神経学的所見に異常を認めない。眼位の写真を別に示す。

まず行うべき対応はどれか。

a 経過観察
b 眼鏡矯正
c 斜視手術
d 健眼遮蔽
e アトロピン点眼




解答:b
遠視が原因の調節性内斜視。弱視予防のために、まず完全矯正の眼鏡を装用する。

弱視の原因として抑えておきたいもの
1)遠視
2)斜視
3)先天性白内障
※近視は弱視の原因とはならない