吸気と呼気

吸気とはその名の通り、息を吸い空気を肺に入れることである。この作用は、主に横隔膜を使いながら、外肋間筋が補助的に働く。横隔膜はドーム状に胸腔と腹腔を仕切っており、吸気により収縮し平らになることで胸郭を上下に広げる。外肋間筋は肋骨の間にあり、収縮することで胸郭は前後、左右に拡大する。
これら吸気筋群の仕事により、吸気で胸郭の容積が増大し、胸腔圧が下がり肺に空気が流れ込む。

反対に呼気とは息を吐き出し、肺から空気を出すことである。この仕事は、内肋間筋と腹部の筋肉群が担っており、胸腔の前後・左右径を小さくすることで内部の気圧を上げ、空気を外に押し出す作用がある。

空気は、体外と体内の気圧の作用により移動しており、体は筋肉を使いながら胸腔の形・大きさを自由に変え、呼吸を行っている。

スポンサード・リンク
スポンサード・リンク