伝音性難聴と感音性難聴

難聴は、聴覚の伝導路において、導線の部分(外耳と中耳)感覚的な部分(内耳、蝸牛など)神経〜脳までのプロセスのどこかに障害が生じたときに起きうる。

音波は外耳孔から外耳道に導かれ、鼓膜を振動させて、3つの耳小骨(ツチ、キヌタ、アブミ)を通過する。耳小骨で増幅された音波は内耳の外リンパ液に振動を伝達し、その流体は有毛細胞を動かし音波を神経インパルスに変換する。神経インパルスは聴神経を介し、脳幹へと導かれ、橋→中脳→間脳の順に音を伝えながら、最終的に側頭葉の聴覚皮質で音を認識させる。

これらのプロセスの機械的部分または神経部分のいずれかで問題が生じると、脳で音が処理されず、結果的に難聴につながる可能性のである。

難聴には大きく分けて、伝音性難聴感音性難聴がある。

伝音性難聴

伝音性難聴は、外耳道の先天性奇形や鼓膜の機能不全、中耳炎など何らかの原因によって、内耳への音の伝達が障害されることに起因する。

基本的には、器質的な疾患を治療すれば難聴を治療できるため、投薬やオペが有効となる。

感音性難聴

感音性難聴は、蝸牛から脳の聴覚中枢にインパルスを伝える内耳や蝸牛、神経の機能的不全によって引き起こされるものである。感音性難聴一般的に、蝸牛の有毛細胞の損傷や内耳の組織変化によって起こる。この原因で最も多いのが、老化現象であり、加齢によって有毛細胞が減少するので一般に60歳代になると聴力の衰えを自覚する人も多い。また若年であれば、突発性難聴やメニエール病などが考えられる。

両者の鑑別は、Weber法Rinne法によって簡単に行うことができるほか、オージオメーターを用いてA-B gap(気導聴力と骨導聴力の差)を調べる標準純音聴力検査などがある。

スポンサード・リンク
スポンサード・リンク