滲出性中耳炎:疫学・原因・症状・検査・治療

疫学 4~6歳の小児、高齢者と二峰性に分布
小児では両側性に、成人では片側性に発生する傾向がある
原因 急性副鼻腔炎、慢性副鼻腔炎(蓄膿症)、急性咽喉頭炎、かぜ、アレルギー性鼻炎、アデノイド肥大、上咽頭癌など
症状 伝音性難聴、耳閉塞感、自声増強
検査 耳鏡検査にて、鼓膜の内陥、滲出線、気泡が見られる。
ティンパノグラムではB型(まれにC型)を示す。
純音聴力検査では、A-Bgap(+)の伝音性難聴を示す。
治療 耳管狭窄の原因となりうるアデノイド、上咽頭癌の治療を行う。
その他、鼓膜切開、換気チューブ

中耳に浸出液が貯留するために、伝音性難聴や耳閉感をきたす疾患です。類似の中耳性疾患としては、急性中耳炎や真珠性中耳炎などが挙げられます。

4~6歳の小児、高齢者に多い疾患ですが、症状の自覚が乏しい小児では周囲の大人が、テレビの音が大きくなっていないか、聞き返すことが多くないか、など家庭での観察を行っていくことが大切になります。

ワイドバンドティンパノメトリー

従来の単一周波数による中耳の検査では発見の難しかった病変が鑑別可能となるようです。検査手順は従来通りですが連続加圧による一回の測定で全周波数のティンパノグラムが得られます。

スポンサード・リンク
スポンサード・リンク