下肢伸展挙上(SLR)テストとは?

SLRは、Straight Leg Raising の略であり、腰椎椎間板ヘルニアを診断するための最も一般的な手技です。Lasegueテストとも混同されやすいので、これを気に違いを明確にしておきましょう。
Lasegue(ラセーグ)テスト

やり方は、まず患者を検査台で仰臥位にし、患者の膝を伸展位を保持したまま挙上させます。このとき、正常では股関節を70度くらいまで屈曲させても疼痛は現れません。しかし腰椎椎間板ヘルニアの患者では、直脚の角度が30度〜70度のときに坐骨神経に沿う腰臀部から大腿後面に及ぶ放散性の痛みを訴えます。

動画:SLRテスト

ただし、SLRテストは高齢者の場合は陰性になることが多いと言われています。

またSLRと似たような検査方法として、Lasegue(ラセーグ)テストやFNSテストという検査方法もあります。

スポンサード・リンク
スポンサード・リンク