Trousseau徴候

Trousseau徴候は低カルシウム血症で誘発されるテタニー症状の1つ。マンシェットで圧をかけると助産師がまるで赤子を取り上げるかのように、中手指節関節(MCP)を屈曲させながら、指と母指の指節間関節を伸長し、母指を対立する。1%〜4%の健常人にも見られると言われている。

動画:Trousseau sign

Chvostek(クヴォステック)徴候と同じく、低カルシウム血症で見られる症状なので覚えておきたい。

スポンサード・リンク
スポンサード・リンク