前方引き出しテストとは

仰臥位、膝関節90°屈曲位で脛骨近位部の動揺をみるテスト。膝前十字靭帯などの損傷をみる上で有用性が高いことが知られている。

陽性であれば、脛骨近位部を前方に引いた時、前方に動揺を認める。

動画:Anterior Drawer Test – Knee

大腿骨に対する脛骨の前方不安定をみるテスト

・前方引き出しテスト
・Lachman(ラックマン)テスト
・Jerkテスト

膝後十字靭帯損傷をみる上では、後方引き出しテスト、Saggingテストなどがある。

スポンサード・リンク
スポンサード・リンク