Michael

頸動脈洞反射とは

頸動脈洞反射

頸動脈にある頸動脈洞に存在する圧受容器は、血圧上昇によって興奮すると、舌咽神経の求心路を介して、延髄の孤束核の過剰興奮を起こし、心臓迷走神経の遠心路に作用し、血管収縮神経の活動抑制や徐脈、血圧降下、失神を引き起こす。 脈拍が過剰になった時、…

子宮頸癌と子宮体癌

子宮頸癌と子宮体癌

子宮頸癌 子宮頸癌はヒトパピローマウイルス16・18型が関与する子宮頸部に発生する癌である。比較的30〜40代の若年で多産婦に多い特徴がある。患者は不正性器出血、骨盤痛、性交痛などを症状として訴える。 子宮頸癌は病型は90%が扁平上皮癌で、…

プリックテストとは

プリックテスト

アレルゲンを特定するための即時型皮膚試験の一つ。皮膚に出血しない程度に微小な傷をつけ、その上に対象の薬液を置いて浸透させて反応するかを見る。 同様の皮膚試験としては、皮膚を少し引っ掻いた上に薬液を置いて反応を見る「スクラッチテスト」、薬剤を…

子宮内膜症と子宮腺筋症の違い

子宮内膜症と子宮腺筋症

子宮内膜症 子宮内膜症とは、子宮内膜が卵巣やDouglous窩、仙骨子宮靭帯など異所性に増殖して、炎症や瘢痕を起こす疾患である。 罹患者の半数が、月経を重ねるごとに強い痛みと慢性的な骨盤痛、性交痛などを自覚する。発症頻度は、生殖可能年齢の女…

Trendelenberg(トレンデレンブルグ)テストとは

Trendelenburg(トレンデレンブルグ)徴候

股関節脱臼や中殿筋が麻痺し股関節外転筋力不全があると、立脚と反対側の遊脚側の骨盤が下がります。これを、トレンデンベルグ徴候といいます。 中殿筋は大腿の外転に働く筋(大腿筋膜張筋、小殿筋など)の一つであり、上殿神経支配を受けています。 正常で…

McMurray(マクマリー)試験とは

McMurray(マクマリー)試験とは

片手で患者のかかとを持ち、もう一方は膝関節ライン上に置き、回旋させながら膝を引き伸展させる。 半月板損傷があることで陽性となり、患者が膝を屈曲させたときの「引っかかるような感じ」がヒントとなる。 内旋時疼痛で外側半月板損傷、外旋時疼痛で内側…

Lasegue(ラセーグ) Testとは

Lasegue(ラセーグ)Testとは?

Lasegue(ラセーグ)テストとは、ラセーグが1864年に坐骨神経炎の理学的徴候として記載したテストになります。SLRテストともよく混合されがちですので、これを機に違いを明確にしておきましょう。 ▶下肢伸展挙上(SLR)テス…

尋常性天疱瘡と水疱性天疱瘡の違い

尋常性天疱瘡と水疱性天疱瘡

  尋常性天疱瘡 水疱性天疱瘡 病態 Dsg1、Dsg3に対する自己免疫疾患表皮内に水疱を形成する ヘミデスモゾームに対する自己免疫疾患表皮下に水疱を形成する 症状 突然発症する口腔粘膜びらん弛緩性の大小の水疱 全身に緊満性水疱(…

前立腺肥大症と前立腺癌の違い

前立腺肥大症と前立腺癌

  前立腺肥大症 前立腺癌 疫学 50歳以上の男性 好発部位 尿道周囲線の移行域 尿道から離れた辺縁域 症状 夜間頻尿、次第に排尿障害で残尿感放置すると奇異性尿失禁、尿閉、腎機能障害 初期は無症状、進行すると血尿・排尿障害骨転移で…

常染色体優先遺伝と常染色体劣性遺伝の違い

常染色体優先遺伝と常染色体劣性遺伝の違いは?

常染色体優性遺伝(AD) 人は両親から1個ずつ遺伝子をもらう。疾患遺伝子をA、正常をaとすると、配偶者の性別や遺伝子に問わず全世代で発症する可能性があるのが常染色体優性遺伝である。例えば下の図のように、片親が罹患者であり、もう片方が健常者で…