保温と加温(体表加温と中枢加温)の違い

保温と加温の違いは?また体表加温と中枢加温とは?

寒冷によって体温が、35℃未満となり、低体温症に陥ると軽度では震えおよび嗜眠(しみん)から、重度になると昏睡、最悪死に至ります。 そのため、軽度の場合では毛布や寝袋で覆い、濡れた衣服を乾燥着衣に着替えさせる受動的復温を施し、重度の場合は、身…

Crohn(クローン)病と潰瘍性大腸炎の違い

Crohn(クローン)病と潰瘍性大腸炎

潰瘍性大腸炎 潰瘍性大腸炎の病変は、直腸やS状結腸から始まり連続性に炎症が続くのが特徴的。注腸造影では偽ポリポーシスとハウストラの消失(鉛管像)を認める。 治療は軽症〜中等症例では、5-アミノサリチル酸やステロイド注腸で寛解導入を図る。反応…

人口静態統計(国勢調査)と人口動態統計の違い

人口静態統計(国勢調査)と人口動態統計

  人口静態統

突然発症、急性発症、亜急性発症、慢性発症

突然発症、急性発症、亜急性発症、慢性発症

Common diseaseの診断において重要なのが、病歴聴取である。それだけである程度臨床推論を展開するのも可能なことも多い。今回は突然発症、急性発症、亜急性発症、慢性発症の4つの明確な時系列の区別について考えていこうと思う。 突然発症(…

骨格筋と心筋の興奮収縮連関の違い

骨格筋と心筋の興奮収縮連関の違いは?

骨格筋と心筋は、同じ横紋筋ですが、その興奮収縮の流れは細胞外からのCa2+の流入が必要か否か、で少しだけ異なります。 まず横紋筋という同じくくりで見てみると、その収縮の開始は以下の流れによります。 ①筋細胞膜が脱分極し活動電位が発生する ②…

アシドーシスとアルカローシスの違い

アシドーシスとアルカローシス

体内のH+が増加しpH7.40の状態をアルカレミアという。 そして、このアシデミアを引き起こす病態をアシドーシス、アルカレミアを引き起こす病態をアルカローシスという。 呼吸性アシドーシス・アルカローシス 肺での低換気症候群などでCO2呼出が…

筋弛緩薬の作用機序と効果、副作用

筋弛緩薬の作用機序と効果、副作用

筋弛緩薬は、それぞれの作用機序の相違により、中枢性筋弛緩薬と神経筋接合部をブロックする末梢性遮断薬(神経筋接合部遮断薬)に大別されています。 中枢性筋弛緩薬 ベンゾジアゼピン類やバクロフェンなどの中枢性筋弛緩薬は、錐体路の障害に起因する下位…

吸気性喘鳴と呼気性喘鳴の違い

吸気性喘鳴と呼気性喘鳴

聴診器で聞かれる正常呼吸音以外の音を副雑音といい、さらに肺内から発生する音をラ(ラッセル)音と名付けられている。このラ音は吸気に聞こえるか呼気で聞こえるかで分類されており、吸気と呼気両方聞こえる副雑音を連続性ラ音(乾性ラ音)、吸気中心に聞こ…

骨格筋、心筋、平滑筋の違い

骨格筋、心筋、平滑筋

  骨格筋 心筋 平滑筋 分布 運動器・筋系に分布 心臓 消化器系・呼吸器系・血管 横紋 あり あり なし 核 多核・細胞の辺縁部に存在 単核・細胞の中央部に存在 単核・細胞の中央部に存在 筋細胞 長い円柱状 隣接した細胞と介在板…

コホート研究と症例対照研究の違い

コホート研究と症例対照研究

名称 コホート研究