「 インスリン 」 一覧

妊娠糖尿病

妊娠糖尿病の病態、診断、治療

2017/11/01   -産婦人科

妊娠糖尿病とは妊娠中に発症した耐糖能障害のことをいう。妊娠中はもともと胎児に糖を奪われるため、血糖値は下がりやすいが胎盤から抗インスリン作用のあるhPLが過剰に分泌されることで耐糖能障害を起こす。した ...

インスリン

インスリンの作用機序

2017/10/30   -内分泌科

インスリンは、膵のβ細胞で合成される1本のプロインスリンから生成され、細胞(特に肝臓、脂肪組織、筋肉)による血液からのグルコースの取り込みを調整する主要ホルモンである。 基本的には、血糖値が上昇すると ...

1型糖尿病と2型糖尿病

糖尿病の症状、診断、治療

2017/10/29   -内分泌科

糖尿病とは、インスリン作用あるいは産生低下によって、血糖値の上昇と糖の利用障害が起きる病気である。利用可能なインスリンの産生が不足したり、あるいはインスリン自体の構造に問題があったりすると、細胞が糖を ...

ストレスにより糖尿病になる理由

ストレスにより糖尿病になる理由

2017/10/27   -内分泌科

ストレスが増えると、自律神経が乱れるため、反応性にアドレナリン分泌量が増える。 アドレナリンは血圧を上げ、興奮を高める作用に加え、グリコーゲンの異化を促進し、血糖値を上げる作用があるため、アドレナリン ...

Whipple 3徴

Whipple 3徴

2017/10/21   -症候

Whipple 3徴とはインスリノーマなどで診断的価値の高い低血糖発作の臨床徴候である。 空腹時(または運動時)の突然の意識消失 発作時の血糖値≦50mmHg 摂食(ブトウ糖10g)により改善傾向 な ...

皮下注射と皮内注射の違い

皮下注射と皮内注射

2017/05/23   -臨床手技

皮下注射 皮下注射(皮下注)は、約30°の刺入角度から真皮の下の脂肪組織に注射する。吸収の面では、皮下注射は筋肉注射(筋注)より遅く、効果が長続きすることが特徴である。 具体的な投与部位は、上腕伸側下 ...

Copyright© MEDY , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.